治験モニター

医学は日進月歩で、研究や新薬の開発が行われていますが、そのためにはデータが必要です。

 

データ収集は様々な形で行われていますが、人間そのものをサンプルにしたデータ収集ももちろん行われています。

 

最近は、人道上や権利上の問題で、動物を使ったデータ収集が難しくなる中、人間を被験者としたデータは、貴重と言えます。

 

そんな中で、治験モニターの仕事も、年々重要視されていると言えるでしょう。

 

治験モニターの報酬相場は、大体、日給で換算され、1日で1万から2万円が平均価格と言われています。

 

これは時給に換算すると、ものすごく高い部類と言えます。

 

しかもこれら報酬は、謝礼金であるために、税金がかかりません。

 

その意味では、非常に美味しいアルバイトと言えるでしょう。

 

治験モニターは大きく分けて2種類に分けられます。

 

通院タイプと入院タイプで、入院タイプが通院タイプより時給は高くなります。

 

ですが、どちらがお得なのかは、一概には決められません。

 

というのも、拘束時間を考えれば、入院より通院が短いからです。

 

さて、実際の治験内容は、通院と入院どちらにも共通することは、薬の服用をして、その効果を調べるもので、場合によっては採血されることもあります。

 

これを治験期間終了まで繰り返すわけですが、被験者には色々と制約があります。

 

まず、平均値な実験データを得るために、それに見合う体を作り上げなくてはいけません。

 

場合によってはタバコやお酒がNGな場合もあるでしょうし、海外旅行や献血に行くことがダメな場合もあります。

 

また、入院するタイプの治験の場合は、行動を制約されて、外出などができないこともあるでしょうし、場合によっては日常使用しているソーシャルメディアの使用が制限されることがあります。

 

つまり、治験モニターのバイトをするためには、バイトができる状態や状況に、自分を柔軟に適応させる必要があるのです。

 

さらに、ごく稀ですが、治験中の投薬が体質に合わずに、副作用に見舞われてしまうことがあります。

 

この場合、即地検は終了となるのですが、運と思って諦めることが賢明です。

 

現在、治験モニターはあちこち募集がかかっていますが、大抵は登録しないと受けることができません。

 

しかしながら、その登録の手続きや条件は千差万別であり、登録する場合は優良なところか、じっくり吟味しましょう。

 

体が資本のバイトですので、無理強いはせず、少しでも違和感や不調を感じたら、中断する潔さが必要です。

 

人気記事

面白いバイトの探し方
俳優
お弁当屋さん
ネットカフェ
内気な人におすすめバイト
おすすめ高給バイト