品出しバイト体験談

人と話すのは好きじゃない…

 

どちらかというと、黙々と作業をしていたい…

 

という人にオススメなのは、意外と接客業だと思われがちな、スーパーの仕事。

 

レジ打ちではなく、品出しのほうだよ。

 

スーパーは、開店と同時に絶えず商品がなくなり続けるので、店内を常に巡回して即座に品出しをすることがすごく重要なんだ。

 

例えば、お菓子売り場。子供がとったお菓子は、だいたい元の場所には返してもらえない。

 

それを整理しながら、足りなくなっていたら即品出し。

 

簡単なようで、慣れるまでこれが結構大変なんだよ。例え一箇所でも、売っているはずのものがその場所になかったら大変だからね。

 

慣れてくると、このスーパーではどんなものがよく売れるのか、時間帯によってなくなりやすい商品がわかってくる。

 

そうなってくると、ちょっと面白くなってくるよ。いかにその時間帯にその商品を売り場から切らさないか、ちょっとしたゲーム気分で楽しんでた。読みが外れると悔しいけど(笑)

 

これを極めると、仕入れの仕事なんかもできるようになるからね。

 

スーパーは、その土地によって売れるものが全然違うんだ。だから、ちゃんと売れる商品を知ってる人が重宝される。

 

地味だけど、その地域の流通を支える面白い仕事なんだよ。

 

自分の意見が反映された売り場になってくると、達成感もすごいからね…この売り場はワシが育てた、みたいな誇らしい気分になる(笑)

 

分析とかが好きな人は絶対向いてると思う!縁の下の力持ちになってみない?