墓参り代行

少子高齢化社会が進むにしたがって、お墓の問題は切実となってきています。

 

少子化の影響で、お墓の管理をする後継者がいなくなって、無縁仏となる墓が後を絶ちません。

 

お寺がお墓の管理を一括する永代供養という方法もあるのですが、数十万から百万単位という金額に二の足を踏む人たちがいるのも、また事実です。

 

永代供養までは決断できないけれど、しばらく行けてない先祖の墓の手入れはしたい――。

 

そんな人たちのニッチに応えたのが、この墓参り代行の仕事です。

 

墓参り代行の時給は、5000円から1万円と言われ、場合によってはさらに多い金額になることもあるそうです。

 

作業自体は1、2時間で終わるものが多いですので、時給は結構高く、魅力的に思えます。

 

墓参り代行のアルバイトは、墓参りが多くなる時期の彼岸など、一定の時期です。

 

それ以外は、提携している石材店や会社の従業員が担当することが多く、バイトの募集がかかることは稀です。

 

では、墓参りの代行とは、具体的にどんな仕事内容なのでしょう?

 

墓参り、と書かれてはいますが、実際に、ただ拝んで終了というわけではありません。

 

拝むのは仕事のほんの最後だけで、本業はお墓の清掃業務です。

 

水洗いをして、ブラシで汚れを取り、石鹸や薬剤で磨きます。

 

そしてお墓の周囲の草を刈って、場合によっては倒れた卒塔婆の回収、付近の清掃も行います。

 

最後にお墓を乾かして、ふき取った後、証明写真的な意味合いで、お参りをした写真を依頼者に提供し、修了というわけです。

 

作業だけ見れば単調で楽そうに見えますが、お墓は山間にあることが多いので、移動や交通の手間を考えれば、それなりに重労働と言えます。

 

それと意外な事ですが、代行業には移動の際は労働時間にカウントされません。

 

従って、交通の便の悪い僻地の墓をお参りする場合には、当然収入は減ってしまいます。

 

つまり、同じお墓参りでも、当たりはずれがあるというわけですね。

 

しかもアルバイトですので、提示報酬のおよそ8割程度と見積もるのが妥当というものです。

 

しかしながらこなれてくると、1日で複数のお墓をお参り出来て、報酬も上げることができます。

 

霊園などのお墓参りだと、作業は格段に楽になるでしょう。

 

葬祭関連は、中々に閉鎖された世界ですので、人間関係に気を付け、粛々と業務をこなすことができれば、美味しいバイトと言えるでしょう。

 

相当ニッチなアルバイトですが、普段中々見られない世界が見られる意味でも、募集を見つけたら、経験値的に応募しても良いかもしれません。

 

人気記事

面白いバイトの探し方
俳優
お弁当屋さん
ネットカフェ
内気な人におすすめバイト
おすすめ高給バイト