ブラックバイトをまとめてみた!

最近よく耳にするようになったブラックバイトとは、どんなバイトのことなのかをちょっと調べてみました。

 

学生に多く該当!?

労働時間が明らかに長い

テスト前でも強引にシフトに入れられる

面接の時に聞いていた条件と全然違う

 

などほとんどパワハラ状態の事を言うようですね。
そもそも労働基準が間違ってんじゃないのって!?疑いたくなりますね!

 

ブラックバイトの実態

実際に採用された学生さん達の口コミをまとめてみました。

 

バイトに頼りすぎる!?

正社員が全くいない就業場所で、バイトだけで回す事に依存していた為、結果的には、大学生のアルバイトとフリーターを頼る事で、高校卒業後の就職活動においても、辞めさせてもらえずに、そのままアルバイトを続けさせられたり、人手不足から当人達の睡眠時間が削られる事で、本業が疎かになり、就職どころかフリーターになってしまったパターンなどがあります。

 

お給料の未払い

大学生の学歴で出来るアルバイト先で、働いていた所、三ケ月働いていたのにも関わらず、お給料を三ケ月分出してもらえないパターン。

 

都合を考慮してくれない

テスト前も、休みをもらえずいる。重労働で人手が足りず、足りない理由には、そこのお店で働いていた従業員が全員バイトだったパターン。

 

就活すらも困難に

週4契約のアルバイトのはずが、シフトを5日〜6日入れる為、正社員になる為の就職活動が出来ないパターン。

 

シフトの時間帯が違う

契約内容には記載されていない内容でシフトを組まれて働かされるパターン。

 

オシマス的に何故そういった事が起こるかと推測しますと、バイト先の経営に問題があるのではないかと思います。

 

コストを抑える事ばかりを考えていて正社員を雇うことをしないで、バイトばかりでお店を回そうとするのだと思います。

 

こうして実際に、ブラックバイトでアルバイトをしてしまった口コミをインターネットで掲載している方の多くが大学生在学中の方に多く、その次に多いのが高校生なので、アルバイトを選ぶ場合であれば、面接時の労働基準にそって、1週間働いてみた時に、労働基準と違うパターンであったりした時は、辞めるのも大変な事が多いようですが、出来るだけ速やかに違うアルバイト先へ代える事をおススメ致します。

ブラックバイトとはどういうバイトなの!?記事一覧

シフトワークスのコンセプトは、「わがままなアルバイト探し」なので、希望している曜日や、勤務時間などを検索する事が出来るシフト検索機能などがあります。また、シフトワークスのトップページを閲覧して頂くと分かると思いますが、日本全国のエリアからアルバイト求人探しをする事も可能になっているので、気になる方であれば、チェックしてみると良いかもしれないでしょう。シフトワークスでなら、WワークもOKなので、まず...