W(ダブル)ワークの注意点

給料

多くの人たちが考える、ダブルワークをすることの意義は、給料を増やすことです。

 

これに関しては、かけもちの組み合わせさえ間違えなければ、給料は確実に増えるでしょう。

 

ただし、給料が増えた分、やっておかないと発生するデメリットがあります。

 

所得税の発生と、扶養控除からの除外です。

 

かけもったアルバイトの給料の合計が103万円以内であれば、税金である所得税は発生しません。

 

これは、給与所得控除の65万円と基礎控除の38万円が、誰でも受けられるからです。

 

さらに学生であれば、これに加えて勤労学生控除の27万円、合計130万円以内であれば、やはり所得税を納める必要はありません。

 

ただし、学生の場合は、必ず1つの企業に所属して年収65万円以上、かつ、かけもちのアルバイトで年収10万円以上の収入形態であるダブルワークをしていなけばなりません。

 

さて問題は、ダブルワークをして給料を上げるあまり、気づかないうちに、この103万円ラインを超えてしまうことです。

 

そうなると所得税を支払う必要ができ、支払わないと追徴課税するはめになります。

 

そのため、103万円を超えたなら、粛々と確定申告をしましょう。

 

もう1つ、この103万円ラインを超えると発生するデメリットがあります。

 

親の扶養からハズレてしまう事です。

 

年収103万円以内であれば、親の扶養対象になり、親は年間38万円の扶養控除が受けられます。

 

ところが子どもであるあなたが、ダブルワークで103万ラインを超えてしまうと、親は扶養控除が受けられず、余計に税金を払う必要が出てくるのです。

 

これは学生の身分であっても同様です。

 

お金のことで、関係がこじれる話は、いつの時代も身近に起こることです。

 

そのためダブルワークで給料が増えて来たら、両親に扶養控除について確認して、話し合うのがベストでしょう。

 

体力

ダブルワークで1番懸念されることとして、自身の体力の問題が挙げられます。

 

特に力仕事をするアルバイトをかけもってしまうと、体力の消耗は単純計算で2倍になります。

 

慣れないうちは休みがちになって、バイト先に迷惑をかけるかもしれません。

 

さらには、かけもつアルバイト先が遠距離にあると、移動するだけでも体力を使ってしまう懸念があります。

 

自分の回力状況をしっかりつかんでから、ダブルワークに臨む姿勢が重要です。

 

時間の使い方

ダブルワークをすると、当然バイトをかけ持つ時間が増えてしまう可能性があります。

 

共に時間を費やすアルバイトの場合、労働時間のみならず、遠距離であれば移動時間も考慮しないと、1日の大半をアルバイトと移動に費やして、自分の時間が確保できなくなってしまいます。

 

24時間という限られた時間をどう使い切るか。

 

ダブルワークをする際には、今まで以上に、時間の使い方を考える必要があります。

 

かけもちの組み合わせ

ダブルワークをする初心者にありがちなこととして、かけ持つアルバイトの組み合わせを間違えることが挙げられます。

 

これまで書いてきたように、ダブルワークをする際は、自身の体力と時間配分をよく考える必要があります。

 

それぞれのアルバイトに、どれだけの体力と時間を振り分ければ、無駄なく効率の良い仕事ができるかが、ダブルワークをかけもつ肝です。

 

しかしながら、アルバイトの初心者であれば、楽だったと思っていたバイトが意外とキツかったりすることがよくあります。

 

またいくつものバイトを経験した人たちであっても、働く現場の環境が悪ければ、余計に体力や時間を使います。

 

かけもちの組み合わせを間違えたと思った場合は、速やかにかつ穏便に、ダブルワークを解消するのがベターでしょう。