オープンに話そう!

今やってるバイトで先輩と会話する思ってることはオープンに会話すること。隠し事?とかあったりするとその話に綻びが出て後々めんどいことになるから。

 

オープンってのは何でもかんでもストッパー無しに話すんじゃなくてゲームとか今はまってるスポーツとかそういう誰でも掴めそうな話題を休憩時間に話してると相手からも良い反応が返ってくるから更に話題提供できるし。

 

後、どんだけ”嫌い・苦手意識”のある人でも普通に接して同期の奴ら、もしくは他の先輩に愚痴こぼさないこと。うちのバイトの目標にもなってることだからってのもあるけど、そんな他人の愚痴を聞いて俺は気分がいいとも悪いとも思わない。

 

逆に時間取られるしプライベートな時間までその話に付き合わされることになるしね。これ以上めんどいことはないと思うんだけど。

 

なんたってバイトの時間外つまり時給発生しないんだから・・・。俺は「そう、それ!」みたいな付き合い方が苦手で大体話してるとそういう会話になっていってあーそろそろ帰るかみたいな考えに陥る(笑)

 

これが嫌いだからなるべく関わらないようにしてるしそんな話に出くわしたら自分から逃げるようにしてる。「すいません、この後に課題あるので先帰ります。」みたいなこと言ってる(笑)

 

多分だけど他の人からは付き合いの悪い人とか思われてるかな。←まぁでも実際そうだよね(汗)

 

そんなことしてるとあんま誰からも特に誘われることなく働いて帰ることになるけど、そのとられそうになった時間で新しいバイトを持つのもいい方法だと思う!

 

幹事やるといいかも!

バイト上の付き合いっていうのは、年齢も性別も、過ごした環境もバラバラの人が集まるのでなかなか難しい。

 

歓迎会とかやってくれるような職場ならそれを機に仲良くなるなんてこともできると思うけど、今は正直そんなことをやってくれるところも少なくなってきたような気がする。

 

でもそれって、なんでやらないかっていうと、「めんどくさいから」って理由がほとんどで、誰かがやるって言えば意外とみんなノリ気で集まってくれたりするもんだ。

 

というわけで、バイト先でうまくやりたい人に「幹事」のススメ。

 

これはバイト入って何日とか関係ない。とにかく、自分が場所やコースをセッティングするんで、みんなで飲みましょうってことを言えばいい。

 

誰かひとりでも乗り気になってくれれば、ひとまず作戦は成功ってところだと思う。

 

なんでこれを勧めるかというと、飲み会当日の席で仲良くなるのが目的じゃない。

 

出席する人を決めるために名前を聞いたり、連絡先を交換したり、そういうことを通して人脈が広がるのが一番のメリットだったりする。

 

だって普通、アドレス教えてください、なんて気軽に聞けない人だっているでしょ?でも、幹事するんだったら自然に聞ける。

 

幹事するついでに、色々と仕事の相談を持ちかけたり、気軽に話せるようになれば、仕事上のつきあいでもちょっとはスムーズになる気がする。

 

あと、人間身内には甘いから、多少のミスも許されるかも(内容によるとも思うけど)。

 

飲めない人でも幹事はやれる。職場の雰囲気を変えるのは、もしかすると自分自身なのかもね。

 

今まで数多くアルバイトを経験しましたがやりがいがある仕事から誰にでもできる単純で退屈な作業まで色々ありました。

 

その中でも接客の仕事が多かったのですが、私が働きやすい会社だと思う一番の条件は雇用形態で差別をしないことです。アルバイトでも実力があれば責任ある仕事を任せてもらえ評価もしてくれる会社はとても楽しかったですしやりがいもありました。

 

しかし残念なことにそのような会社ばかりではありません。嫌な仕事はアルバイトにやらせておけば良いというような会社も少なくありません。酷い会社では名前で呼ばれずバイト君と呼ばれとても寂しい気持ちになりました。

 

こちらとしてみては社員と同じような気持ちで働いているのに、下に見られるのは納得いかず仕事をしていても楽しくありません。

 

アルバイトは給料も重要な要素ですがそれ以上に働きやすい環境であることが求められます。仕事が評価されて社員として働かないかと言われた時は嬉しいものでした。

 

私もアルバイトだからという理由で遠慮することはありませんでしたし、同じ一社員として見てくれる会社は非常に働きやすかったです。

 

※2017/10/13更新※